新型コロナウィルス対策

ウィルス感染に対する当院の取り組みとして、メディカルネット様のご協力により、院内の壁や床など、すべてを抗菌剤(デルフィーノ)でしっかりとコーティングしております。

感染予防「デルフィーノ」は、抗菌・抗ウイルス・消臭作用を持った3種類の触媒専用の噴霧器を利用してクリニックや医院内に充満させ、すき間無くしっかりとコーティングする事で、医院内の受付カウンターや待合室、椅子、隔離室やトイレ、全てのドアノブなど、あらゆる箇所に潜んだ菌やウイルスを消滅(不活性化)させます。また、感染症患者による咳や嘔吐などにより飛散した菌やウイルスは、デルフィーノでコーティングされた表面の触媒に触れる事で不活性化されます。その結果、インフルエンザの感染原因の約8割と言われる「接触感染」を防ぐことができ、来院したご利用者間の感染はもちろん、医院内で働くスタッフへの感染も防ぎ、安心して働く事ができます。(WEBサイトdentwaveより)

また、日常の清掃では、よく触るドアノブや、エレベーターのボタン等を毎日消毒し、スタッフの勤務前の検温を実施しています。感染予防対策をしかっかりととることで、安心して受診していただけるように努めております。

ご来院の皆様にも、問診票の記入、診療前の検温(非接触型体温計にて数秒です)にもご協力頂きます様お願い致します。


ウィルス感染に対抗する歯科の重要性・新型コロナ感染症について

(公社・日本歯科医師連合新型コロナウィルス対策チームWEBサイトより)


① 腔内健康管理(口腔内清掃)はウィルス感染への水際対策です。お口が不潔だと口に入ってきたウィルスが感染しやすくなります。
お口に住んでいる歯周病菌が出すタンパク分解酵素は、ウィルスが粘膜細胞の中に感染することを促進します。
歯周病にかかっている方には、ご自身での口腔内清掃とともに歯科医院におけるプロフェッショナルなケアも大事です。
② 不潔なお口は腸内細菌のバランスを乱して全身の免疫力を弱めます。
③ お口が不潔だと肺炎のリスクも高まります。中高年になると誤嚥と言って、食べ物や唾液が気道に入ってしまうことがあります。
お口が不潔だと、この時にたくさんの細菌が気管に入って肺にまでいたり、誤嚥性肺炎を起こしてしまいます。
④ 注意してください!コロナウィルスは口からもやってきます。
手洗い・うがいに加えてお口のセルフケア(丁寧な歯磨き)とプロフェッショナルケア(歯科医院での専門的なクリーニング)
を心がけて下さい。また舌を磨くことも菅さん予防に効果があります。


書籍のご紹介 感染症対策についての詳しい情報が満載です

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。